中塚銘木店(いい銘木店)|一枚板、無垢材、銘木、天然木、材木、建材、ウッドデッキを販売しています。(岡山県)

お問合せ
tel.086-225-0755
【受付】9:00~17:00 ※日、祝、第2・第4土曜日を除く

オーダーメイドを承ります!和室から洋室まで室内・浴室のリフォームや家具の製作などお気軽にご相談ください。

銘木(めいぼく)

 >  > 銘木のお手入れ方法

お手入れ方法

白木(無塗装)のお手入れ

白木(無塗装)のお手入れ 日常のお手入れでは、基本的に水拭きはしません。先ずハタキ等で表面のほこりを払い、柔らかくキレイな布で乾拭きをします。汚れがひどい場合は、少し湿らせた程度のキレイなタオル等で、布の面を変えながら拭きましょう。

食品汚れが付いた場合は水拭きをします。それでも残るようなら、中性洗剤を薄めて拭き、その後で念入りに水拭きをします。

汚れによっては完全に取れない場合もありますので、詳しくはスタッフまでご相談ください。

↑ PAGE TOP

塗装品のお手入れ

塗装品のお手入れ

日常のお手入れでは、先ずハタキ等で表面のほこりを払い、固く絞ったキレイな布で拭いていきます。特に、硬い砂埃等は傷の原因になるため、始めにしっかり取り除いておきましょう。

食品や手あかの汚れが付いた場合は、水拭きをします。それでも残るようなら、中性洗剤を薄めて拭き、その後で念入りに水拭きをします。

マジックペンの跡は、ベンジン等で対処します。

↑ PAGE TOP

材質や仕上げの違いによる注意点

材質・樹種

肥松(ヤニ松)は、砂埃を払い、柔らかい布で乾拭きをします。毎日でも軽く行うことで艶が違ってきます。
他の樹種では、それほど磨く必要はありません。
漆仕上げの衝立等も、傷つきの元になるため、あまり擦らないようにしましょう。

↑ PAGE TOP

仕上げ

仕上げの違いによるお手入れの注意点 木蝋(もくろう)仕上げ品の通常のお手入れは、砂埃等を取り除いて、柔らかくキレイな布で乾拭きをします。
表面に水が付いたまま放置してしまうと、木蝋(もくろう)が木材の表面で剥離した状態になり、見た目が白くなってしまうので、その時はヘアドライヤーで温めて木蝋(もくろう)を溶かし、乾いたキレイな柔らかい布でぬぐい取ります。
年月を経て木蝋(もくろう)が取れてきた頃には、年季の入った落ち着きのある表情を持つ、銘木ならではの風情を感じていただけることでしょう。

オイル仕上げの場合も、基本は乾拭きで、落ちにくい汚れの場合は湿らせた布で拭くようにします。

※木蝋(もくろう)仕上げとは

木蝋(もくろう)はハゼの木の実から取れる、和蝋燭にも使われるロウです。
植物性なので木と相性も良く、初期の汚れ防止もかねてデリーケートな無垢材の表面に仕上げとして塗ると、擦り傷等が目立たず、傷が入ったときの補修も容易に行えます。

お問合せ

有限会社中塚銘木店
〒700-0813 
岡山県岡山市北区石関町6-6
TEL:086-225-0755
FAX:086-232-7074
otoiawase@e-meiboku.co.jp

営業日カレンダー

↑ PAGE TOP